この講習会は、初心者の方から経験者の方までを対象に国交省が規定するカリキュラムに則った「ドローン操縦者育成プログラム」となっております。

当講習の特徴

 コーチモードの導入 

DRONEフライトオペレーター 実技講習では、万が一誤った操作によって機体が意図しない方向へ移動した場合でも、すぐにインストラクターが危険回避できるコーチモードでの運用方法を採用しています。インストラクターも隣で送信機を持って指導するこの方式によって、初心者の方にも安全に安心して受講いただくことが可能です。

操縦技能証明証の発行

​当講習の修了検定合格者には、講習修了書と10時間以上の飛行履歴確認後、操縦技能証明証を発行いたします。この証明証はドローン運用に関する国家資格が無い日本国内において操縦者の技能を担保する役割を担っており、また、国土交通省より飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認事項を簡略化できます。

豊富な講習実績

多くの自治体・官公庁・消防・企業・趣味で飛ばされる方に受講いただきました。

​九州ドローンコンソーシアム参加企業様、福岡市港湾局、福岡市消防局、国際協力機構(JICA)、天草広域連合消防、上球磨消防組合 等 250名以上(2019年8月時点)

管理団体DPCAの講習実績として、自治体・企業様は50団体以上。様々なつながりの中で培った信頼と実績をもとに、運用に必要なノウハウを余すことなくお伝えします。全国で当講習を受講された方は5,200名以上にのぼります。

講習の概要

受講費用

65,000円(税別)

​※テキスト代、機体使用費、保険、操縦技能証明証発行費込み。

※操縦技能証明証発行費込み

​※再検定時費用10,000円(税別)

講習期間

座学・実技含め 2日間

定期開催を予定しております。

​企業様にて4〜5名の参加希望者が集まりましたら、ご希望日時での出張開催も可能です。

講習内容

国土交通省が定めるカリキュラムに基づいた内容を実施します。

​□時間 座学・実技 9:00〜17:00ごろ

場所 座学:当社セミナールーム 実技:福岡県・熊本県内の体育館・運動場

受講の手順

​講習に関する規約

Q&A

Q1:初心者でも受講できますか?
A:はい、できます!

DRONEフライトオペレーター講習では、講習機体としてPhantom4シリーズを使用し、実技訓練時コーチモードを採用しています。

コーチモードとは、受講生が持つ送信機とインストラクターが持つ送信機を互いにリンクさせ、受講生が万が一危険な操作に陥った場合にも、すぐにインストラクターが操作介入し、安全に機体を誘導できる体制のことです。

​この講習体制により、初心者の方にも安心して、安全にドローン操作を行っていただくことが可能です。

Q2:講習はどんな内容を実施していますか?
A:国土交通省 航空局がドローン運用者に求める操縦技能の習得です。

無人航空機を飛行させる者の訓練及び遵守事項という項目で標準マニュアルの中に記されています。

その内容には「2-1 基本的な操縦技量の習得」として

・離陸/ホバリング/左右方向の移動/前後方向の移動/水平面内での飛行が安定して行えること

が求められています。

DRONEフライトオペレーター講習では、そのマニュアルに記載されている内容を遵守し、インストラクターの指導のもと、技術の習得に励んでいただきます。

​また、検定試験の後には、「2-2 業務を実施するために必要な操縦技量の習得」を行うために必要な練習方法についても解説指導する時間を設けています。

Q3:国土交通省認定の技能認証のうち、どの飛行形態の技能認証が受けられますか?
A:DRONEフライトオペレーター講習では、日中目視範囲内における技能認証になります。
Q4:何歳から何歳まで受講できますか?
A:18歳以上を対象としておりますが、保護者の同意がある場合は16歳以上でも受講いただけます。

​受講年齢の上限はありません。

Q5:ドローンの購入は必要ですか?
A:実技講習では、こちらで機体を用意しますので、事前に購入頂く必要はありません。
​また、講習では練習に最適な機体や業務別に最適な機体も紹介させていただきます。
Q6:講習受講費に含まれるものは何ですか?
A:講習受講費用には、テキスト代・実技検定費・操縦技能証明証発行費用が含まれます。
Q7:実技検定試験に不合格となった場合は?
A:再検定試験を受けていただくことができます。

実技講習が実施されている日程に合わせて講習会場にお越しいただき、午後の講習プログラムから参加頂き、約2時間練習を行った上で再検定を実施いたします。

再検定には別途費用が必要です。再検定費用は10,000円(税別)

Q8:他のドローンスクールと比べて受講価格が安いけど何が違うのですか?
A:現在全国で開催されているドローン講習会の平均価格は20万円と言われています。

その中で、DPCAの講習では全国統一 6.5万円で講習会を開催しています。

現在、国土交通省が認定する講習団体数は735団体を超えます。しかし、その中において技能認証発行を行うドローン講習会は、国土交通省のカリキュラムに沿って行われているため、価格の違いがあっても実施内容に差異はありません。

​そのような状況だからこそ6.5万円という価格に妥当性を見出し、まずは受講に向けてハードルを下げた中で、関心のある方々にドローンの運用に必要な基礎知識を学んでいいただきたい、という思いから講習受講費用を設定させていただいております。

© 株式会社 建築企画コム・フォレスト All Rights Reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle