令和元年度緊急消防援助隊九州ブロック合同訓練にドローン部隊として参加

令和元年11月9日、10日と2日間にかけ、宮崎県高原町と都城市にて、

緊急消防援助隊の合同訓練に上空からのドローンによる状況把握の撮影で参加させていただきました。


九州・沖縄各県から約200隊、約800人の緊急消防援助隊が集結し、自衛隊や海上保安庁、宮崎県警、DMAT(災害派遣医療チーム)の参加により、総勢約1,300人規模の訓練となった合同訓練でございます。

大雨、直下型地震、火山噴火と大規模災害の想定はあるものの、その被害の全容は把握されていないというシナリオ無し、細かいスケジュール無しの訓練でした。

隊員相互及び関係他機関との連携活動を実施することで、有事に際して、即応できる体制の確立が目的となっております。

やはり、その訓練中の緊張感は凄まじく、各県隊からの飛行の指示、航空調整と求められるものは実際の災害現場同然でした。


飛行にあたっては、25,000ルーメンのLED照明搭載ドローン、ズーム・赤外線カメラ搭載ドローン、有毒ガス検知器搭載ドローン等を適宜飛行し情報収集をしました。

また、その映像はリアルタイムで全35自治体と結びリアルタイム中継を実施しております。


2日目は展示ブースにて機体の紹介を行い、消防の方、自衛隊の方から強い関心があると感じられました。




※今回の訓練では夜間及びイベント上空飛行等

必要な許可を取得し、国土交通省が定める安全体制を遵守した上で、一般人の立ち入りなどが無いよう適切な安全管理の上、運用しています。


54回の閲覧

© 株式会社 建築企画コム・フォレスト All Rights Reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle